引っ越し 書類

MENU

引っ越し前に手続きを行わないといけない手続きと書類について

1)転出届を出して転出証明書をもらう

 

転出証明書とは、自分が現在住んでいる区市町村外に引っ越す時に、今住んでいる区市町村の役所に転出届を提出することで受領可能な書類です。

 

引っ越す予定の2週間前から転居届けは転出可能で、世帯分まとめて提出することが可能です(ただし、手続きが行えるのは世帯主もしくは代理人です)。

 

なお、引っ越し先が同じ区市町村内だった場合は、転居届を提出する必要があります。

 

転出証明書がないと、引っ越し先で転入手続きが出来ないので、忘れずに行うようにしましょう。

 

2)意外と時間がかかる郵便局の転送届

 

引っ越しして住所が変わるタイミングで、郵便局に転送届けを出すことが出来ます。

 

転送届けを出すことで、現在の住所から新しい住所へ郵便物を自動的に転送してくれるサービス(無料)です。

 

ただし、気をつけないといけないのが申し込んだ初日からサービスを開始されるわけではなく、数日バッファが必要となってくるので注意が必要です。

 

3)意外と統一されていないインフラ周り

 

電気・水道・下水道・ガス・インターネット等々、これらの手続きは個別に行う必要がありますので、忘れずに行いましょう。

 

また、東京電力など、同じインフラ会社を使用する場合は、現在の住所の解約手続きと、新しい住所の申し込み手続きを同時に出来る場合があります。

 

引っ越し後に行わないといけない手続きと書類について

1)転出証明書と一緒に転入届を提出しよう

 

引っ越しした後は、転入届という書類を提出する必要があり、その転入届を提出する際には、引っ越しする際に受領した転出証明書を合わせて提出する必要があります。

 

転入届が提出されないと、公的書類の変更手続きに必要な「住民票」「戸籍抄本」などに記載されている住所が変更されません。

 

なお、本書類は転入後14日以内に提出する必要があります。

 

2)引っ越し後の方が処理しないといけない書類が多い。

 

インフラ関連の申し込みは生活にかかわるので忘れないですが、そのほかにも、国民年金(第一号被保険者の場合のみ)、印鑑登録、運転免許証など、引っ越し後にすべて住所変更を行う必要があります。

 

国民年金、印鑑登録は、住民票が発行可能になったら、同じく役所で手続き可能なので、国民年金の場合は国民年金手帳と印鑑、印鑑登録の場合は印鑑を持って、手続きをしてしまうと便利です。

 

運転免許証は運転免許センターに行く必要がありますので、住民票と免許証を持って、住所の更新に向かいましょう。

 

基本的には、新しい住所が裏書されるので、写真などは必要ありません。

 

なお、運転免許証の住所は更新しなかった場合、免許の更新案内などがきちんと届かない場合がありますので、14日以内等の制約はありませんが、引っ越し後速やかに行うのがよいです。

 

引越し準備で手抜きをしてはいけないポイントは

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて最安値で請け負ってくれる引越し業者選びです。
引越し代金って実は相場があってないようなもの。見積もりを鵜呑みにしてしまっては大損をしてしまうんです。

引越し業者は見積もりを比較して、業者間で値下げ競争をしてもらってから最安値のところに決めましょう。
一括見積もりサービスを使って複数業者から見積もりを取ったことで、最初の見積もりの半額程度まで安くなった!なんてことも多いんです。

もうすでに引越し業者を決めてしまったという方も、引越し前日までキャンセル料がかからない業者が多いので、まずは一括見積もりを依頼してみましょう。
今より確実に引越し費用が安くなるはずです!

おすすめの一括見積もりサービスはここ↓↓

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて

200社以上の引っ越し業者が登録している大人気の一括見積もりサイト「引越し価格ガイド」は紹介件数1,165万件を突破

料金以外にサービス内容の比較もできるから、単身〜大家族の引っ越しまでどんなスタイルの引越しでも代金の比較が一目瞭然。引越し代金が半額になっちゃった!という人続出の一括見積もりサービスです。

最短1分で最大10社まで一括見積もり依頼OK!

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて

 

引越し価格ガイドの代表的登録業者

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて

 

一括見積もりサービスは複数ありますが、それぞれ登録している業者が違います。
複数の一括見積もりサービスを使うことでより多くの引越し業者から見積もりを取ることが出来ますよ。

念のため複数の見積もりサービスを利用したい方はこちらも↓↓

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて

全国130社以上の引越し業者が登録している「LIFULL引越し(旧:HOME’S引越し)見積もり」。

独自の特典や割引を利用してさらに引越し代金が50%OFFになるサービスが大人気!
格安引越しならLIFULL引越し(旧:HOME’S引越し)見積もりがおすすめです。


最短45秒で厳選130社から一括見積もり依頼OK!

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて

 

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて

全国220社以上の引越し業者が登録している「ズバット引越」は年間30万人が利用している日本最大級の引越し代金一括見積もりサービス。

無料の引越し代金相場シミュレーターで平均相場を把握できるから見積もり比較がしやすく、無料の「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば面倒な住所変更の手続きを一括でできる、ズバッとならではの便利なサービスも人気の理由です。

最短1分で最大10社まで一括見積もり依頼OK!

引っ越し前後で忘れてはいけない書類の取り扱いについて