引っ越し 荷造り

MENU

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

ダンボールのサイズを荷造りする物によって分ける

引っ越しをする際には、ダンボールの種類が幾つか分かれているのが通常です。

 

その場合、それぞれに適当に入れるのではなく、梱包するものの重さによってもダンボールのサイズを分ける必要があります。
重たいものは小さいダンボールに、軽いものは大きいダンボールに入れるとよいでしょう。

 

使う場所などによって、さらに個別に分けられるようであればなおさらよいでしょう。

 

小さいダンボールには何を入れる?

例えば、書籍や食器類は小さくても重たいものですので、小さいダンボールに入れましょう。

 

特に書籍については、食器類と違い梱包する必要がないので、詰め放題にすると非力な方は持ち上げられなくなる可能性があります。

 

ダンボールにスペースが空くかもしれませんが、その場合は本以外の軽いものを少し入れて埋めましょう。

 

大きいダンボールには何を入れる?

大きいダンボールには、洋服など、かさばるけれど軽いものを入れましょう。

 

また、箱に入っているものは、ダンボール箱にスペースがあれば、そのまま入れるとよいです。

 

その他荷造りのポイント

引っ越し業者によっては、例えば布団袋であったり、服をかけるだけのハンガーBOXを借りれたりします。

 

業者のサービス内容を十分に把握して、不要な荷造りを省くようにすると、引っ越し作業が楽に進みますよ!

 

引っ越し荷造りで注意してほしいこと(割れ物)

 

食器類や花瓶などの割れ物は、梱包が必要になります。

 

前述通り、重くなるのでたくさん詰めることができないうえ、割れる可能性があります。

 

引っ越し先で箱を開けたらほとんどが割れていた、なんてことはショックですよね。
そうならないために注意してほしいことがあります。

 

まずは割れ物一個ずつを新聞紙でくるんでください。
できれば新聞紙が二重になるくらいがよいです。

 

そして新聞紙をピタッと商品に梱包するのではなく、ある程度くしゃくしゃなほうがクッション代わりになります。

 

箱に入れる際ですが、一個ずつの商品が動かないように並べましょう。
そのためには箱の中で動くようなスペースを作らないことが大事です。

 

例えば同じ皿であれば重ねましょう。
お互いがぶつかり合い、割れてしまうということはないはずです。

 

また、お皿などは立てて収納することでさらに割れにくくなります。

 

いろんな商品を箱に入れると思いますが、なるべくひとつひとつの商品が動かないような配置にしましょう。

 

それでもやはり多少のスペースができてしまうはずです。
そのときは、スペースに余った新聞紙を丸めて詰めましょう。

 

自分で運ぶ場合はいいですが、業者にお願いする場合は「割れ物注意」と箱に書いておくことで、注意して運んでもらえるでしょう。

 

引越し準備で手抜きをしてはいけないポイントは

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント最安値で請け負ってくれる引越し業者選びです。
引越し代金って実は相場があってないようなもの。見積もりを鵜呑みにしてしまっては大損をしてしまうんです。

引越し業者は見積もりを比較して、業者間で値下げ競争をしてもらってから最安値のところに決めましょう。
一括見積もりサービスを使って複数業者から見積もりを取ったことで、最初の見積もりの半額程度まで安くなった!なんてことも多いんです。

もうすでに引越し業者を決めてしまったという方も、引越し前日までキャンセル料がかからない業者が多いので、まずは一括見積もりを依頼してみましょう。
今より確実に引越し費用が安くなるはずです!

おすすめの一括見積もりサービスはここ↓↓

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

200社以上の引っ越し業者が登録している大人気の一括見積もりサイト「引越し価格ガイド」は紹介件数1,165万件を突破

料金以外にサービス内容の比較もできるから、単身〜大家族の引っ越しまでどんなスタイルの引越しでも代金の比較が一目瞭然。引越し代金が半額になっちゃった!という人続出の一括見積もりサービスです。

最短1分で最大10社まで一括見積もり依頼OK!

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

 

引越し価格ガイドの代表的登録業者

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

 

一括見積もりサービスは複数ありますが、それぞれ登録している業者が違います。
複数の一括見積もりサービスを使うことでより多くの引越し業者から見積もりを取ることが出来ますよ。

念のため複数の見積もりサービスを利用したい方はこちらも↓↓

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

全国130社以上の引越し業者が登録している「LIFULL引越し(旧:HOME’S引越し)見積もり」。

独自の特典や割引を利用してさらに引越し代金が50%OFFになるサービスが大人気!
格安引越しならLIFULL引越し(旧:HOME’S引越し)見積もりがおすすめです。


最短45秒で厳選130社から一括見積もり依頼OK!

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

 

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント

全国220社以上の引越し業者が登録している「ズバット引越」は年間30万人が利用している日本最大級の引越し代金一括見積もりサービス。

無料の引越し代金相場シミュレーターで平均相場を把握できるから見積もり比較がしやすく、無料の「ズバット らくらく引越し手続き」を利用すれば面倒な住所変更の手続きを一括でできる、ズバッとならではの便利なサービスも人気の理由です。

最短1分で最大10社まで一括見積もり依頼OK!

引っ越しするときの荷造りの考え方とポイント